スポンサーサイト

2017.01.15 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    雨は傘を閉じた

    2016.03.07 Monday

    0
      最高のありがとうの言葉と共に。
      私はあなたに出会えて、私の人生が大きく変わりました。
      あなたに出会えて一緒に過ごせた時間全てが、私の中であなたとの素晴らしい思い出です。
      きっともう忘れてしまってることもあるんだと思うと寂しいけど
      それでも時々私は思い出して、忘れそうになったらまた写真を見て懐かしむを繰り返します
      誰かのためでもないし、あなたのためでもなくて、私がなんとなくそうしたいから。
      そうすることで「よかった」と思えることが私にとって一番幸せだからです。

      だから悲しいだけでもないし、寂しいだけでもないんです。
      初めて気付いたこともいっぱいあるし、よくよく考えたら腹立ってむかついてこのやろー!ってキレそうになったこととか色々あったから決していい思い出ばっかりなわけじゃないのに、今となってはそれも美化されてしまっている。
      死ぬということは、美化されるということなのかなと少し思います。
      当たり前だけど、いいところ悪いところがあって当然だからもちろんむかつくー!っていうことがあってもおかしくないのに
      それすらまるっと良い思い出になっちゃってさ

       


      それが死んじゃっていなくなっちゃって会えなくなっちゃったってことか、と一番思い知らされる。

      この時どんな気持ちでシャッター切ってたかよく覚えてないけど
      なんとなく写真をとっておこうと思って、それが多分死んじゃった日の夜だった
      外は雨が降ってて、なんかいつもより色がない気がして、だからもっとカラフルなほうがいいなって思ってさ

      色がないの寂しいからさ
      それなら自分でどうにかしようと思って、夜中になんとなく外で寒かったけど濡れながら撮ってた
      それですっきりしたかどうかはわかんないけど、なんか写真撮ってる時は泣いてなかった
      そういえば夜中に連れてってもらって写真ぶわーって撮ったりしたなぁって思い出してた

      ここのコンビニも何年も前に年越しの時にジャンプして、俺、年越しの瞬間地上にいなかったってやつやりたいとか言うから頑張ったなーって。
      今もLINEのアイコンになってて、あーこんなところにも私が撮った写真使ってくれてたのかって嬉しくなった。
      今更気付いたけどさ

      暗い世界に色を

      きっと私は天国には行けないと思うから、もし天国とか地獄とかあって死後の世界があったとしてももう会えないと思う
      なんでそう思うかはよくわかんないけど、天国にいるかどうかもわかんないし、地獄にいるかもしれないしそういう概念すらないかもしれないからわかんないし
      そもそも死ぬまで私はあなたのことを忘れずにいられるのだろうかとかさ
      認知症になったりしたらわかんなくなっちゃうのかなと思うから、だからここに西川さんっていう人がいたこととか、それで楽しかったとかむかついたこともあったとかそういうのちゃんと書き留めておこうと思って。
      実際年取ったときまでここのブログが存在してるかどうかわかんないけど。
      でも今はやっぱりなんかちょっと寂しいし、思い出を全部美化しちゃうだけなのも嫌だから
      もうちょっと私が進んでる時間についてきてほしいなと思って
      そこで止まってるならもうちょっと私がひっぱるから、もうちょっとだけ時間を過ごしてくれないかな
      その間に私は私なりに、自分で進めるようにするし、ちょっとずつそうやってるし、実際多分進めてるんだと思う

      きっといつか西川さんが背中を後押ししてくれなくても私は普通に日常を過ごしていけるようになるんだろうなっていうのも分かる
      それが分かってるから、だから寂しい
      いないのが当たり前になってしまうことが寂しい
      話題に出なくなるのが寂しい
      美化されていい思い出だけになるのが寂しい
      だからみんながいい思い出ばっかりになっても私はむかついたこととかめんどくさかったこととか忘れたくないなと思う
      借りっぱなしのゲームも漫画も返せなかったような適当な私を助けてくれてありがとう
      本当にありがとう
      最後の最後に、本当の意味で私を救ってくれたのは、私が大好きで大好きで神様のように思ってるあいえさんでもなく、大好きだったyasuでもなく、すっごく好きで好きで仕方なかった昔の彼氏でもなく、西川さんっていうお友達だったよ
      自分でもまさかと思うけど、あなたでした。
      ありがとう

      またしんどくなったらLINEにどーでもいいこと書きながら連絡するから、その時はちょこっとだけ話聞いてやってよ
      見違えたように成長してると思うよ、私
      やればできたよ
      次会った時は一本ぐらい付き合いで煙草吸ってみてよ

      スポンサーサイト

      2017.01.15 Sunday

      0
        関連する記事